がん保険の注意点とは

がん保険の注意点とは

がん保険の注意点とは がんは非常に身近な病気であり、どんな人にもその危険は潜んでいます。

転移性質を持った悪性腫瘍であるがんは、他の病気と大きく異なり、全ての臓器や組織に発生する恐れがあります。多くの部位が発症の対象であるということは、罹患する比率が極めて高いということです。
いざがんと診断された時に備えるため、がん保険に加入し、その特徴的な保障内容を利用することを考えておきましょう。

がんには、悪性新生物であるがんと、前がん状態である上皮内新生物とがあります。上皮内新生物は上皮内腫瘍とも呼ばれ、切除すれば治る可能性が高いものです。がん保険の中には、がんと、この上皮内新生物とを区別し、給付金の支払い事由に違いがあるものがあり、注意が必要です。

また、駆け込みで保険に加入するケースや、実際の診断結果が出ていないのに保障開始を希望するケースなどに対処し、一般的に90日間の待機期間を設けてあります。契約してから90日の間は保障が開始されないようになっており、待機期間中にがんと診断されると、保険契約そのものが無効になってしまいます。
もちろん支払った保険料は返金されますが、この待機期間があることも要注意です。
しかし、これらを踏まえて事前にがん保険に加入しておけば、いざという時に手厚い保障を受けることができるでしょう。

最新記事